ここ最近(?)おもしろかった漫画


本について

日毎に涼しさが増しているような気がします。そろそろ秋ですね。スーパーでもサンマを見るようになりました。そういえば今年はサンマが高くなるなんて言ってたような気がしますけど、そんなことはないような?今回はちょこちょこ集めている漫画の話でもしようかなと思います。




1、長嶋有漫画化計画

長嶋有漫画化計画
長嶋有漫画化計画

長嶋有といえば「パラレル」「サイドカーに犬」などでちょっと有名な小説家です。この人のお話をたくさんの漫画家が漫画化してそれを集めたものです。
表紙参加の大御所 藤子不二雄から萩尾 望都、吉田戦車から100%ORANGEまで個性豊かな人がたくさん参加してて読み応えたっぷり。うめさんがパラレルをBL風にまとめちゃってたり解釈もそれぞれでそこもまた面白い。(これらを面白がってやっちゃうあたり長嶋有の懐の深さも感じてしまう!)
よしもとよしともの「噛みながら」なんかも完全によしもとよしともで料理しちゃってて笑っちゃうんだけどやっぱり読後感は何か後引くものがあったり。ちなみによしもとよしとも目当てで買いました僕。本当何年ぶりの新作だよ・・・。
長嶋有の原作を読んでいるとさっぱりとした淡白な雰囲気を感じるのですが(そこがまた良さでもある)それ故に第三者の手や意向が加わるとこんな個性的になるんだなと感じました。ある意味受け手に考える余地を与えていた作品が受け手によって料理されたパターンというのも面白い上に問題作だと思います。読み応えがあるので是非。

みかこさん5巻

みかこさん(5) (KCデラックス)
みかこさん(5) (KCデラックス)

淡いコピックの色使いとかデフォルメされたキャラの感じとか、その中に詩的な要素もちょこちょこいれたり。上手いなって思います。今日マチ子。最近では著作が舞台の原作になったりやくしまるえつこと共作した絵本を発表したりと世間でもじわじわきてますね。
そんな今日マチ子のみかこさんは5巻でお話が大きく動き出しました。予定調和のような空気に流されがちだった登場人物たちの中で意識が芽生えてきます。はじめの方はストーリー的な要素は控えめだったのですが、最近は色濃くでてきました。先が気になるところ。。。モーニングのWEBサイトで連載されているみかこさんですが転載OKなので転載しちゃいます。コミックもフルカラーなんですよ。ちなみに↓は1巻。

今日マチ子 みかこさん 今日マチ子 みかこさん今日マチ子 みかこさん今日マチ子 みかこさん今日マチ子 みかこさん