ロジクールのトラックボール式マウスM570を使ってみました。


20130421_trackball

そういえば中学生の頃に物凄く憧れていたトラックボール式のマウス。指先でボールをコロコロ動かしてマウスポインターを操作するアレです。ロジクールのM570というトラックボール式のマウスを使い始めて少し経ったのでレビューします。





Logicoolロジクール/Wireless Trackball M570

20130421_logicooltrackball01
外箱はこんな感じ。トラックボール式のマウスをご存知でない方はすでにこのマウスが普通のマウスとはちょっと違うことが分かると思います。

20130421_logicooltrackball04
このマウスはこんな感じに親指で青色のトラックボールを転がしてポインターを動かすタイプのマウスです。トラックボールといえば昔のマウスには裏側に入っていましたよね。こまめに掃除しないと動きが鈍ったりしたのが懐かしいです。ちなみにこちらのトラックボールでは昔のように掃除には気を配らなくていいみたいです。

20130421_logicooltrackball02
開封してみました。無線式なのでコードはありません。マウスの隣にある四角いものが無線の受信機です。これをUSBポートに差し込むことでマウスが使用出来ます。
このマウスはトラックボール式なのでマウス自体は動かす必要ないので省スペースです。さらに無線式なので机周りすっきりっていうことですね。なかなかいいと思います。
デザインはというと本体のプラスチックの質感は多少安っぽい印象を受けますが、そのおかげかトラックボールのガンメタっぽい青色がクールに映えます。人差し指の部分にボタンが2つついているのも便利でいいですね。勿論、右クリック左クリックの間にコロコロもついているのでスクロールもスムーズ。基本はばっちり抑えてあるぞって感じです。

20130421_logicooltrackball06
ちなみに単三電池ひとつで動きます。電池の持ちもなかなか良い印象です。magic mouceよりは断然長持ちですね。

使用感

よかったところ

まず感じたのが思っていたよりは操作が難しくはなかったということです。普段は親指ではマウスの操作をすることはないので、不安があったのですが自分は気になりませんでした。元々マウスでも細かい操作をしていたことも関係あるのかもしれませんがさくさく使えています。
また、トラックボールを転がすだけで操作できるのでマウスを動かさなくいいです。(当たり前ですが)マウスを動かすスペースに囚われることもありませんし、遠いところへの移動もコロコロするだけなのでかなり楽です。腕の疲れは軽減されますね。
またボタンの位置も絶妙なので戻る、進む、のショートカットを割り当てることでブラウジングはとても快適になります。

また、ロジクールのアプリケーションを使ってボタンの割り当てや各種設定が行えるのですが、簡潔で分かりやすく設定できてよかったです。

気になったところ

人によっては操作感に慣れるまで時間がかかったりどうしても慣れないという場合がありそうです。
また稀におかしな挙動を起こす時がありました。ラグが生まれたり、反応がおかしくなったりです。一時的なものなのでなんとも言えないところなのですが、これはトラックボール式である以上仕方ない部分なのかもしれません。しばらく使っていなかった後に動かした時だったような気がするのでトラックボールマウスの性質でしょうかね。
また、やはりどうしても細かい作業には向きません。photoshopなどのアプリケーションでの操作はなかなか厳しいと感じました

総評

細かい作業は不得意なので、photoshopなどの作業には向かないと感じました。
癖があるので使用には設定を考えたり、慣れが必要だと思いますが、ネットの閲覧などのブラウジングには最適だと思います。
設定や慣れるまでのことさえ気にならなければあとは省スペースだし、腕も楽だし、机もすっきりするし、なんとなく人と違う感じがしてかっこいいし、メリットが多いと思います。
面白いマウスなので人生で一度は使ってみて欲しいですね〜。